FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

トヨタ自動車は2月27日、レクサス『LS』と『IS』の合わせて5車種が装着するランフラットタイヤに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出たとの事。

対象となるのは「LS500」「LS500h」「IS300」「IS350」「IS300h」の5車種で、2017年8月23日から2018年7月20日に製造された1万3391台。
今回、ホイールへの組付工程が不適切なため、ランフラットタイヤのサイドウォール内面補強層に亀裂が発生するものがあることが発覚。そのため、そのまま使用を続けると、異音や振動が発生し、最悪の場合、トレッドの一部が剥がれ、走行安定性を損なうおそれがあります。

改善措置として、全車両、ランフラットタイヤを新品と交換します。

不具合は24件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出ました。



リコールの詳細はこちら
http://lexus.jp/recall/2019/recall_190227.html





(以下 レスポンスの記事より)

トヨタ自動車は2月27日、レクサス『LS』と『IS』の合わせて5車種が装着するランフラットタイヤに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは「LS500」「LS500h」「IS300」「IS350」「IS300h」の5車種で、2017年8月23日から2018年7月20日に製造された1万3391台。
今回、ホイールへの組付工程が不適切なため、ランフラットタイヤのサイドウォール内面補強層に亀裂が発生するものがあることが発覚。そのため、そのまま使用を続けると、異音や振動が発生し、最悪の場合、トレッドの一部が剥がれ、走行安定性を損なうおそれがある。

改善措置として、全車両、ランフラットタイヤを新品と交換する。

不具合は24件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。







人気ブログランキングへ←クリックお願いします!

←クリックお願いします!




スポンサーサイト



レクサスは2月25日、全世界での累計販売台数1000万台を達成したと発表しました。

レクサスは、1989年に北米市場に初代『LS』を投入し、トヨタ自動車の高級車ブランドとして展開を開始、日本市場では2005年からのスタートとなった。以来、グローバルで順調に販売を重ね、約20年で世界累計販売台数1000万台を達成した。また、2005年に『RX400h』を発売して以降、ハイブリッドモデルの拡充を続け、累計販売台数は145万台を超えている。

2018年には量産車として世界で初めてデジタルアウターミラーを採用した新型『ES』や、新ジャンルのコンパクトクロスオーバー『UX』を発売し、グローバルで過去最高の69万8330台を販売。ハイブリッドモデルの年間販売実績はそのうち20%を占めるなど、着実に歩みを重ねています。

グローバルでもレクサスのブランドが着実に広まっていますね!



201902251.jpg





(以下 レスポンスの記事より)

レクサスは2月25日、全世界での累計販売台数1000万台を達成したと発表した。

レクサスは、1989年に北米市場に初代『LS』を投入し、トヨタ自動車の高級車ブランドとして展開を開始、日本市場では2005年からのスタートとなった。以来、グローバルで順調に販売を重ね、約20年で世界累計販売台数1000万台を達成した。また、2005年に『RX400h』を発売して以降、ハイブリッドモデルの拡充を続け、累計販売台数は145万台を超えている。

2018年には量産車として世界で初めてデジタルアウターミラーを採用した新型『ES』や、新ジャンルのコンパクトクロスオーバー『UX』を発売し、グローバルで過去最高の69万8330台を販売。ハイブリッドモデルの年間販売実績はそのうち20%を占めるなど、着実に歩みを重ねている。

レクサス プレジデントの澤良宏氏はグローバル累計販売台数1000万台達成について、「世界中のお客様のおかげで、このマイルストーンに辿り着いたことを大変喜ばしく思います。これからもラグジュアリーライフスタイルブランドとして、創造的な先進技術や、運転の愉しさを備えたより魅力的な商品、独自のブランド活動を通じて”驚きと感動の体験”を提供することを目指していきます」とコメントしている。







人気ブログランキングへ←クリックお願いします!

←クリックお願いします!




レクサスの米国部門は2月11日、新型コンパクトクロスオーバー車のレクサス『UX』(Lexus UX)向けにワンオフタイヤを開発した、と発表しました。ナイキ(Nike)の特別なスニーカーがモチーフです。

ナイキは「エアフォース1」(AIR FORCE 1)の35周年を記念して、米国サンフランシスコ生まれのファッションブランド、「ジョン・エリオット」(JOHN ELLIOTT)と協力。全体がホワイトの特別なエアフォース1を発表しました。

レクサスUX向けのワンオフタイヤは、全体がホワイトの特別なエアフォース1がモチーフ。レクサスはジョン・エリオットと協力し、今度はトレッド面やサイドウォールが、ホワイト仕上げのタイヤを開発しました。このタイヤを、ボディカラーがホワイトのUXに装着し、ニューヨークで披露しています。

このタイヤは、「Sole of the UX」と命名。UX同様、街からインスピレーションを得てデザインされたタイヤになるという。レクサスはこのタイヤについて、ダブルステッチレザーや段付きのメタルエアバルブが特徴、としています。

まさに鑑賞用のクルマですね!


201902131.jpg




(以下 レスポンスの記事より)

レクサスの米国部門は2月11日、新型コンパクトクロスオーバー車のレクサス『UX』(Lexus UX)向けにワンオフタイヤを開発した、と発表した。ナイキ(Nike)の特別なスニーカーがモチーフだ。

レクサスUXは、レクサスのSUVラインナップの中で、NXの下に位置するブランド最小のSUVだ。UXのボディサイズは、全長4495mm、全幅1840mm、全高1520mm、ホイールベース2640mm。NXよりも、ひと回りコンパクトとなる。

レクサスはこのUX向けに、ワンオフタイヤを開発した。ナイキ(Nike)の特別なスニーカーがモチーフだ。ナイキは「エアフォース1」(AIR FORCE 1)の35周年を記念して、米国サンフランシスコ生まれのファッションブランド、「ジョン・エリオット」(JOHN ELLIOTT)と協力。全体がホワイトの特別なエアフォース1を発表した。

レクサスUX向けのワンオフタイヤは、全体がホワイトの特別なエアフォース1がモチーフ。レクサスはジョン・エリオットと協力し、今度はトレッド面やサイドウォールが、ホワイト仕上げのタイヤを開発した。このタイヤを、ボディカラーがホワイトのUXに装着し、ニューヨークで披露している。

このタイヤは、「Sole of the UX」と命名。UX同様、街からインスピレーションを得てデザインされたタイヤになるという。レクサスはこのタイヤについて、ダブルステッチレザーや段付きのメタルエアバルブが特徴、としている。






人気ブログランキングへ←クリックお願いします!

←クリックお願いします!



レクサスは1月30日、米国で2月7日に開幕するシカゴモーターショー2019において、『LC 500インスピレーションシリーズ』(Lexus LC 500 Inspiration Series)を初公開すると発表しました。

インスピレーションシリーズは、レクサスのフラッグシップ車に設定される新たな特別モデルシリーズ。LC500インスピレーションシリーズでは、ボディカラーに専用のフレアイエローを採用しました。レクサスによると、遠くからでも目を引く鮮やかなイエローメタリックシェードとし、LCのダイナミックなデザインをいっそう強調する効果を発揮するという。

また、LC500インスピレーションシリーズには、軽量なカーボンファイバー製ルーフと専用フロントグリルインサートを採用する。足元は、21インチホイール&タイヤで引き締められました。

インテリアには、ボディカラーに合わせて、イエローのステッチが添えられた専用のセミアニリンレザーシートを装備しました。アルカンターラ製のドアトリム、カーボンファイバー製スカッフプレートなども採用されています。

鮮やかなイエローがLC500によくマッチしていますね!



201902011.jpg




(以下 レスポンスの記事より)

レクサスは1月30日、米国で2月7日に開幕するシカゴモーターショー2019において、『LC 500インスピレーションシリーズ』(Lexus LC 500 Inspiration Series)を初公開すると発表した。

インスピレーションシリーズは、レクサスのフラッグシップ車に設定される新たな特別モデルシリーズだ。LC500インスピレーションシリーズでは、ボディカラーに専用のフレアイエローを採用した。レクサスによると、遠くからでも目を引く鮮やかなイエローメタリックシェードとし、LCのダイナミックなデザインをいっそう強調する効果を発揮するという。

また、LC500インスピレーションシリーズには、軽量なカーボンファイバー製ルーフと専用フロントグリルインサートを採用する。足元は、21インチホイール&タイヤで引き締められた。

インテリアには、ボディカラーに合わせて、イエローのステッチが添えられた専用のセミアニリンレザーシートを装備した。アルカンターラ製のドアトリム、カーボンファイバー製スカッフプレートなども採用されている。








人気ブログランキングへ←クリックお願いします!

←クリックお願いします!




1月11日に幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で「東京オートサロン 2019」が開幕。モデリスタとTRDからは、登場まもないレクサス「UX」のコンセプトカー「UX MODELLISTA CONCEPT」を展示したほか、トヨタ自動車「プリウス」「ハイラックス」のカスタマイズパーツや、「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」のコンプリートカーを展示しました。

コミュニケーションや先進安全を装備した「UX MODELLISTA CONCEPT」

「UX MODELLISTA CONCEPT」はドレスアップ、先進安全、コミュニケーションの各方面から手を加えたというコンセプトカー。フロントグリルはカスタマイズの次の楽しさを提案するということでディスプレイとなっており、さまざまなグラフィックの表示が可能。

 ディスプレイにはグラフィックを映すほか、コミュニケーションの機能を持たせ、歩行者へのメッセージや譲ってくれた際のお礼を示すものもあり、車両間のコミュニケーションを提案しています。

 先進安全では、サイドミラーレスのカスタマイズに対応。サイドカメラ付きのオーバーフェンダーでボディと一体感を演出した。また、LEDによるライン表示は片側300球のLEDによってシーケンシャルウインカーよりも細かい動きや、さまざまな光や色を表現できるとの事。

今年の東京オートサロンの中で一番目立っていたモデルが、この「UX MODELLISTA CONCEPT」でしたね!



201901221.jpg





(以下 Car Watchの記事より)

1月11日に幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で「東京オートサロン 2019」が開幕。モデリスタとTRDからは、登場まもないレクサス「UX」のコンセプトカー「UX MODELLISTA CONCEPT」を展示したほか、トヨタ自動車「プリウス」「ハイラックス」のカスタマイズパーツや、「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」のコンプリートカーを展示した。

コミュニケーションや先進安全を装備した「UX MODELLISTA CONCEPT」

「UX MODELLISTA CONCEPT」はドレスアップ、先進安全、コミュニケーションの各方面から手を加えたというコンセプトカー。フロントグリルはカスタマイズの次の楽しさを提案するということでディスプレイとなっており、さまざまなグラフィックの表示が可能。

 ディスプレイにはグラフィックを映すほか、コミュニケーションの機能を持たせ、歩行者へのメッセージや譲ってくれた際のお礼を示すものもあり、車両間のコミュニケーションを提案している。

 先進安全では、サイドミラーレスのカスタマイズに対応。サイドカメラ付きのオーバーフェンダーでボディと一体感を演出した。また、LEDによるライン表示は片側300球のLEDによってシーケンシャルウインカーよりも細かい動きや、さまざまな光や色を表現できる。







人気ブログランキングへ←クリックお願いします!

←クリックお願いします!




名前:
メール:
件名:
本文:

各都市をクリックすると、その都市の時刻が表示されます。
<< 04
2020
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

teru0821

Author:teru0821
現住所:神奈川県
星座:しし座
愛車:LEXUS IS250 バージョンL
ユーザー歴:2005.11 ~ 2013.07
LEXUS IS300h バージョンL
ユーザー歴:2013.07.13 ~ 現在

趣味:モータースポーツ観戦、ドライブ、旅行、映画鑑賞

QR
検索したいキーワードを入力して下さい!
表示された画像をクリックすると、その車両の詳細データのページにジャンプ!

-天気予報コム- -FC2-
投票お願いします!

FC2Blog Ranking

カーソルを合わせると一週間分のアクセス数が表示されます。
現在の閲覧者数: